田坂広志 著、ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術を読んだ

プレゼンや人前での発言をもっと上手にやりたくて、ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術を読んだ。

内容は、

世界のトップリーダーにとって、グローバルな会議でのスピーチの場は、一国の将来を背負った、まさに「戦場」であり、彼らは、その戦いに勝つための「高度な話術」を身につけている。
本書では、ダボス会議やTED会議などのメンバーとして、その姿を間近で見てきた著者が、「人格」「位取り」「胆力」「演技力」「観察力」「対話力」「振る舞い」「発声」「余韻」「思考」など、一般には語られることない、トップリーダーたちの「15の話術」を紹介する。

読み終わってみると、一冊の本というよりかはダボス会議に何回か出てみて「そういえばすごいスピーチってこういう感じだったな」っていうメモをまとめて読んだ感じ。
スピーチを勉強するときの入門としては内容も軽く、カジュアルに読めてよかったけど、ガッツリ勉強するぜ!っていう状況だと物足りないと思う。

読んでいてハイライトした箇所は下記。

すなわち、ダボス会議において世界のトップリーダーである徴収が見ているのは、「何を語っているか」ではない。「誰が語っているか」をこそ、見ている。

すなわち、スピーチや討論においては、「姿勢」「表情」「眼差し」「身振り」「仕草」「声の質」「リズム」「間」「余韻」など、「言葉を超えたメッセージ」によって伝わるものが、かなりの比重を占めるのである。

「舞台の上で、一人の人物になり切って、ある情感を表現する」
「同時に、その自分を醒めて見ている、もう一人の自分がいる」
ときに、熟練の役者や俳優は、こう付け加える時さえある。
「その二人の自分を、さらに遠くから見ている自分がいると、最高の状態だ」

レーガンは、そのモンデールの攻撃に対し、真っ向から反論するのではなく、ただ静かに微笑み、その攻撃の言葉を柔らかく受け止め、優しい雰囲気で手を広げ、少し困惑した表情で肩をすくめたのである。
ただ、それだけの仕草。
ただそれだけの仕草なのだが、このレーガンの表情と仕草で、形勢は逆転。
なぜなら、その瞬間に、テレビに映し出されている映像は、「相手を舌鋒鋭く攻撃する悪辣なモンデール」と「攻撃されても微笑みを絶やさない好人物レーガン」という印象になってしまったからである。

小野 雅裕 著、宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由を読んだ

東洋経済オンラインの「子をMITに入れたいならば」をたまたま読んで、著者に興味が湧いて宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由を買って読んだ。

Kindle版を買ったんだけど、とてもおもしろくて昼休みだけでは我慢できずに行き帰りの電車でも読んだりして。
この本を読む前に闇金ウシジマくんを読んでテンション下がってたからか、読後感がとてもよかった!

内容は、

少年の頃の夢を抱いたままに長じ航空宇宙工学の道へ。
開成、東大、マサチューセッツ工科大学(MIT)へのPh.D.(博士)学位留学。
慶應義塾大学教員としての仕事を経て、
2013年、30歳のとき、ついにNASA ジェット推進研究所に職を得る。
6年半のMIT留学を経験した著者が、
日本人留学生を待ち構える現代版アメリカの洗礼を鮮やかな筆致で描く!
……だけでなく、
【留学にまつわる体験を縦糸(奇数章)】×【体験を咀嚼して得た考え方の基本を横糸(偶数章)】
として、MIT流・夢の叶え方、
本物の理系エリートの学び/遊びの流儀を一冊に織り上げた、待望のデビュー作!!

以下ハイライトつけた部分。
文脈が知りたい方はぜひご一読を。

あなたは何によって記憶されたいか。いま答えられなくてもいい。でも、五十歳になっても答えられなければ、君は人生を無駄にしたことになる。
ドラッカー「非営利組織の経営」より

日本で働くかアメリカで働くかというのは、東京で働くか大阪で働くかということと本質的には何の違いもない。

自分はこの一生で何を成し遂げたいのか。この人生は何のためにあるのか。そして、自分の夢は何なのか、と。

人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである。
ゲーテ

「何も失敗しないためには、死んだように及び腰になって生きるしかありません。しかしそんな人生は、元から失敗です。

もちろんリーダーシップは大切だ。だが、何を達成するためのリーダーシップなのか。それなしにリーダーシップを身に付けようとすることに何の価値があろうか。

夢とは渇望だ。たとえば、あなたが砂漠で迷い、灼熱の中、三日間一滴も水を飲めなかった状態を想像してほしい。あなたは心の底からコップ一杯の水を欲しがるだろう。それが夢だ。夢とは生理的に渇望するものだ。断たれた時に死ぬほどの苦痛を覚えるものだ。

「太った豚よりも痩せたソクラテス」になりたい

エリヤフ・ゴールドラット 著「ザ・ゴール – 企業の究極の目的とは何か」を読んだ。

theGoal
アマゾンでエリヤフ・ゴールドラット 著「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」を買って読んだよ。
最近nexus7を買ったもんで、kindleアプリを落として、kidle版を買った。
紙よりも400円安いんだ。

発売当初は本屋でバイトしてて、めちゃめちゃ売れてたのを思い出して買ったんだけど、おもしろかった。
詳細はおいおい。

先週町田の図書館で伊坂幸太郎の「マリアビートル」を借りてきた。

先週町田の図書館で伊坂幸太郎の「マリアビートル」を借りてきた。
通勤と移動時間を使って1週間で読み終わったよ。

もちろん話もおもしろかったけど、一番印象的だったのが「どうして人を殺したらいけないか」についての件。
以下引用。

「僕がここで君に小便をかけたら、どうする?」
急に幼稚な質問が出て、王子は驚く。「え」
「僕が君のその服を全部脱がせて、裸にしたらどうする?」
「そういう趣味があるんですか」
「そうじゃないよ。ただ、どう思う?車内で小便をしたらいけない。他人を裸にしたらいけない。悪口を言ったらいけない。煙草を吸ってはいけない。チケットを買わないと新幹線に乗ってはいけない。ジュースを飲むためにはお金を渡さないといけない。」
「何ですかそれは」
「今から、君を殴りたいのだけれど、いいかな?」
「本気ですか?」
「本気だったらどうする」
「嫌です」
「どうして?」
王子は答えを考える。僕が嫌ですから、と言うべきか、もしくは、「それなら殴っていいですよ」と答えるべきか悩んだ。
「世の中は、禁止事項で溢れているんだ。」鈴木が肩をすくめる。「何から何まで禁止されている。君が一人で存在している時には問題ないけれど、別の人間が現れた瞬間にたくさんの禁止事項ができる。そして、僕たちの周囲には、無数の、根拠不明の禁止事項があるんだよ。許可されたことをかろうじて、実行しているだけ、と言ったほうが近いかもしれない。だからね、僕は不思議で仕方がないんだ。どうして、君たちは決まって、『人を殺したら、どうしていけないのか』というそのことだけを質問してくるのか。それならば『どうして人を殴ったらいけないのか』『どうして他人の家に勝手に寝泊まりをしてはいけないのか』『どうして学校で焚き火をしたらいけないのか』とも質問すべきではないかな。

この後には答えが続くんだけど、とてもおもしろい。

図書館で借りてきた本は、装画が写真でとてもきれいなんだけど、今アマゾンでチェックしてみたらマンガみたいな装画でちょっとがっかり。

競争戦略・ウェブナビゲーション・プレゼンにはストーリーが重要らしいよ。

この連休中に本をいつもより読んだ。

今、平行して読んでいる本3つに共通するのは「ストーリー」。
今、自分に関係があることは「ストーリーをいかに組み立てるか」なのか。

「ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件」では、「ストーリーとして成立するものこそが戦略」。
マブチモーターの「小型モーターの標準化」「生産のオフショア」戦略を例示。
風が吹けば桶屋が儲かる的な?会社に置いててしかもまだ読み終わってないけど。

「デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計」では「ナビゲーションとは、設計者がストーリーを立てて、ユーザーにそれをトレースしてもらうこと」。
数多くあるナビゲーションパーツを機能やユーザーに与える印象ごとに体系化。
本を読むようにサイトのページを見てもらって最終的にCVさせる的な?まだ読み終わってないけど。

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則」では「プレゼンとは演劇であり、スライドなんかよりもストーリーが大事」。
インテルへの移行を説明したプレゼンは秀逸らしい。(6:04あたりから)

聞いている人に体験してもらうということ?まだ読み終わってないけど。

結局、何かをコントロールするには事前にストーリーを作ってそれが実現するような打ち手を出して、実行するっていう普通の結末に収束しそうだけど、それはそれで。

BanksyのWall and Pieceが欲しい。

Banksy(バンクシー) の作品集?が気になってます。

イギリスのロンドンを拠点に活動する覆面芸術家バンクシー。
ロンドンのテート・モダンや、ニューヨークのメトロポリタン美術館への無許可展示など、
常にスキャンダラスなパフォーマンスで話題の人物。
世界中の壁、橋、街の動物園など、あらゆるストリートの一角に、
ウィットに富み、破壊力のあるグラフィティで彩りを与えることを仕業としている。
そのモチーフは大量破壊兵器を持った猿、スマイリーマークと警察官、ドリルや傘を持ったネズミなど、世界を風刺したものが多い。
バンクシーは多くの作品を残しているが、その素性はいまだ多くの謎につつまれている。
新旧合わせた彼の代表作を初めてオールカラーで網羅した待望の日本語版が、ついにリリース!!!

consumer_jesus

こういうのとかがたくさん載っている。

ナビゲーションを理解する(デザイニング・ウェブナビゲーションのまとめ2)

「デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計」を読んでのまとめ。
続きまして、第一部 2章:ナビゲーションを理解する。

情報探索の6つの行動

  1. 開始
  2. 連結
  3. 閲覧
  4. 分別
  5. 監視
  6. 抽出

ユーザーは情報を探しながら6つの間を行き来する
→情報探索は「直線的」ではない

情報探索のモード

  1. 指向性閲覧:特定の情報に的を絞ったモード
  2. 半指向性閲覧:ニーズがそれほどはっきりとはしていないモード
  3. 無指向性閲覧:無目的なモード

これらのモードは相互排他的なものではない!
ユーザではなく、サイトが持つ情報探索のモードがわかれば、ユーザーのニーズに応じるナビゲーションを設計できるはず!

ブラウズと探索は相互排他的なものではなく、互いを補う関係のもの
ナビゲーションの目標は探索時間の最適化
重要なことは求めている情報を得るために必要なリンクのみを表示すること
→ユーザーが本来のタスクに集中できるよう、余計な道筋を示さないことが重要
ブラウジング行動は「ハブとスポーク方式」
遷移的変動性:ブラウジング中のナビゲーションの変化の度合い

ナビゲーションは
・急な変化ではなく
・理にかなった予測しやすい変化を付けながら
・頻繁に変えていく
のが良いパターン

トリガーワード:ユーザーのニーズにマッチするナビゲーション用のラベルやテキスト

バナー忌避現象:ユーザーは経験からバナー広告や、それに類する長方形のエリアを見ないようにする傾向を持つ
→同様に「ナビゲーション忌避現象」を克服する必要がある

情報のシェイプ:その情報特有の形式(フォーマット)
例)あるサイトを見たときに、それがニュースサイトだとわかるのは、ニュースサイト全般に共通する特徴があるから

「感情」と「認知」には深い関係性がある
→ユーザーはウェブページを0.05秒見ただけでページのアピールポイントがわかる
→デザインは重要

情報探索から完了するまでのユーザーの感情の遷移について
→情報量とポジティブな感情は単純な比例関係ではない
→探索しているテーマについて情報量がある程度増えてくると、大量の情報に混乱して迷う
→情報を整理して比較する
→結論にいたる

優れた情報体験を生み出す要因は「ネガティブな感情を防ぐこと」

ユーザーの情報探索のテンションを下げないために気をつけるポイント
・ラベリング:トリガーワードをうまく使う
・体系化:情報のグループ化をする
・外観:ナビゲーションのレイアウトや見た目の審美性を上げる

デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
James Kalbach
オライリージャパン
売り上げランキング: 40233

ウェブナビゲーションの基礎(デザイニング・ウェブナビゲーションのまとめ1)

「デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計」を読んでのまとめ。
まずは第一部 1章:ウェブナビゲーション入門について。

ナビゲーションモデルのパターン

コンテンツ間のリンク

  • コンテンツ間の文脈は強化される
  • 情報の全体的なファインダビリティは低い

→はてなの内部リンク的なもの

リキッド・インフォメーションモデル

  • ハイパーテキストではなく「ハイパーワード」
  • 単語をクリックするとオプションメニューからナビゲーションを選択

→ブラウザの右クリックメニュー的なもの

フィルタモデル

  • フィルタリングやソートのコントローラーからコンテンツをコントロール
  • コンテンツの全体像がつかみにくい

→パラメーターをいじるようなナビゲーション

構造型ブラウズモデル

  • ディレクトリ構造を持ったナビゲーション

→以前のYahoo!など

検索モデル

  • 探しているものが明らかな場合に便利
  • →Googleなど

実際のサイトは複数のナビゲーションを組み合わせている

ディレクトリのナビゲーションモデルを持ったサイトは、検索型よりもブラウジングを続ける割合が多かった。

カテゴリからブラウズしたユーザーは目的のコンテンツが見つかっても62%が引き続きブラウジングを続けた。
検索のナビゲーションの場合、ブラウジングを続けたユーザーは20%。
参照した目的のコンテンツ以外のページ数について、ディレクトリ型のユーザーは検索ナビゲーションのユーザーに比べてほぼ10倍に達した。

ナビゲーションを設計する際には

  • 何故そのサイトを作っているか
  • 誰が利用するのか
  • どんな情報にアクセスできるようにするのか

をよく考える必要がある。

デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
James Kalbach
オライリージャパン
売り上げランキング: 40233

ホンマタカシ/たのしい写真 よい子のための写真教室

honma-takashi

ホンマタカシの「たのしい写真 よい子のための写真教室」を読みました。
内容は「写真家の撮る写真」の歴史と、「写真を撮るということ」についてでした。

ちなみにホンマタカシとはウィキペディアによると

ホンマタカシ(1962年 – )は、日本の写真家。
日本大学藝術学部写真学科在学中に、広告制作会社ライトパブリシティに入社。6年在籍。91年から92年にかけてロンドンに滞在し、ファッション・カルチャー誌『i-D』で活動する。帰国後は、雑誌、広告など幅広いジャンルで活躍中。
1998年「TOKYO SUBURBIA 東京郊外」で木村伊兵衛賞を受賞。2004年には敬愛する写真家、中平卓馬を追った映画「きわめてよいふうけい」を撮影。
2009年現在、アサヒカメラにゲストを招いてインタビューをする企画(当初は評論家の竹内万里子との対談形式であった)を連載している。

だそうです。

「読むだけでうまい写真とか撮れちゃう本ないかナー」って思って買ってみたんですが、写真に対する認識が改まりました。
ピントひとつで「自分が『世界』についてどう考えているのか」を表現できるものだったなんて!
それを知っただけでも買ったかいがあったってもんです。

参考までに目次を転載しておきます。
気なった方はぜひ。
(個人的にはカバーをとった方が、見た目が渋くていい気がします)

ホンマタカシ. たのしい写真 よい子のための写真教室.平凡社, 2009, 245P. ¥1,680

第一章 講義篇

  • 私家版 写真の歴史
  • 年表? カメラ・オブスキュラ?決定的瞬間
  • 決定的瞬間
  • 小型カメラ「ライカ」が消えた
  • 年表? 決定的瞬間?ニューカラー
  • ニューカラー
  • 決定的瞬間派とニューカラー派、露出はどう決める?
  • カラーのトーンを決める
  • 5つの世界観
  • 生態心理学者の佐々木正人さんと話す
  • ポストモダン
  • 時代は変えられた?
  • 私的な小さな物語
  • 現代美術と写真
  • 4つの視点
  • 振幅するエグルストン
  • スタイルチェンジ

第二章 ワークショップ篇

  • 今日の写真を読むためのワークショップ その1[写真を読む]
  • 今日の写真を読むためのワークショップ その2[写真を疑う]
  • 今日の写真を読むためのワークショップ その3[写真に委ねる]

カラー口絵(写真)

第三章 放課後篇

  • ポストカードからはじめよう!
  • 慌てて買わなきゃ! プラウベル・マキナ
  • ニューヨークが教えてくれたこと
  • オールモウスト・フランク
  • 暗室ポートレイト
  • 最初が肝心!は・じ・め・て・の写真
  • ライカ対ミノックス
  • ドキュメンタリー=現実?
  • 被写体を分類してみたら、面白いこと、発見しました。
  • 謎の山岳写真家寅彦、現わる!
  • ポラロイド=センチメンタル・ジャーニー by 松本伊代
  • シュルマンおじいちゃんの建築写真教室

第四章 補習篇

  • 堀江敏幸さんとの対話 すべての創作は虚構である?

注釈

あとがき

たのしい写真―よい子のための写真教室
ホンマ タカシ
平凡社
売り上げランキング: 3431
おすすめ度の平均: 4.5

5 こんな本を探していました!
4 写真が撮りたくなる!