ビートたけし「被災地に笑いを」なんて戯れ言だ

人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。
本来「悲しみ」っていうのはすごく個人的なものだからね。被災地のインタビューを見たって、みんな最初に口をついて出てくるのは「妻が」「子供が」だろ。

一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、自分の子供や身内が一人死ぬことの方がずっと辛いし、深い傷になる。残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。

引用元: 『言葉の覇者』 ?ビートたけし&苫米地英人を読み解くブログ?  ビートたけし、「被災地に笑いを」なんて戯れ言だ【長文抜粋】.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です