共感覚について ダニエル・タメット:異なる認識の仕方

考え事をしているときや、一人で頭の中で議論をしているときに、トピックや考えが絵になる。

ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011へ行ってきた

先日テラシマンの用事で秋葉原にある「3331 Arts Chiyoda」へ行ってきた。

ついでに、たまたまやっていたTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2011をぶらぶら見てきた。
そこはアート関係のミニコミ紙?的なものを即売している集まりで、お洒落な雑誌がたくさん直販されていて、二人とも学生の時にはrelaxの愛読者だったもんで、「元relaxの編集長が作った雑誌!」
というのを買った。

で、いろいろ見ていたら、印刷屋さんのコーナーで紙のサンプルとして配っていたヤツで素敵な絵を発見!
タイトルは「パフェに埋もれたい」。
パフェに埋もれたい

素敵すぎる。
開楽智治(カイラク トモハル)さん という方らしい。
ミヒャエル・ゾーヴァが好きだそうで、たしかにゾーバ好きとしては引っかかるよね。

楽しかったよ。

ナビゲーションを理解する(デザイニング・ウェブナビゲーションのまとめ2)

「デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計」を読んでのまとめ。
続きまして、第一部 2章:ナビゲーションを理解する。

情報探索の6つの行動

  1. 開始
  2. 連結
  3. 閲覧
  4. 分別
  5. 監視
  6. 抽出

ユーザーは情報を探しながら6つの間を行き来する
→情報探索は「直線的」ではない

情報探索のモード

  1. 指向性閲覧:特定の情報に的を絞ったモード
  2. 半指向性閲覧:ニーズがそれほどはっきりとはしていないモード
  3. 無指向性閲覧:無目的なモード

これらのモードは相互排他的なものではない!
ユーザではなく、サイトが持つ情報探索のモードがわかれば、ユーザーのニーズに応じるナビゲーションを設計できるはず!

ブラウズと探索は相互排他的なものではなく、互いを補う関係のもの
ナビゲーションの目標は探索時間の最適化
重要なことは求めている情報を得るために必要なリンクのみを表示すること
→ユーザーが本来のタスクに集中できるよう、余計な道筋を示さないことが重要
ブラウジング行動は「ハブとスポーク方式」
遷移的変動性:ブラウジング中のナビゲーションの変化の度合い

ナビゲーションは
・急な変化ではなく
・理にかなった予測しやすい変化を付けながら
・頻繁に変えていく
のが良いパターン

トリガーワード:ユーザーのニーズにマッチするナビゲーション用のラベルやテキスト

バナー忌避現象:ユーザーは経験からバナー広告や、それに類する長方形のエリアを見ないようにする傾向を持つ
→同様に「ナビゲーション忌避現象」を克服する必要がある

情報のシェイプ:その情報特有の形式(フォーマット)
例)あるサイトを見たときに、それがニュースサイトだとわかるのは、ニュースサイト全般に共通する特徴があるから

「感情」と「認知」には深い関係性がある
→ユーザーはウェブページを0.05秒見ただけでページのアピールポイントがわかる
→デザインは重要

情報探索から完了するまでのユーザーの感情の遷移について
→情報量とポジティブな感情は単純な比例関係ではない
→探索しているテーマについて情報量がある程度増えてくると、大量の情報に混乱して迷う
→情報を整理して比較する
→結論にいたる

優れた情報体験を生み出す要因は「ネガティブな感情を防ぐこと」

ユーザーの情報探索のテンションを下げないために気をつけるポイント
・ラベリング:トリガーワードをうまく使う
・体系化:情報のグループ化をする
・外観:ナビゲーションのレイアウトや見た目の審美性を上げる

デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
James Kalbach
オライリージャパン
売り上げランキング: 40233

ウェブナビゲーションの基礎(デザイニング・ウェブナビゲーションのまとめ1)

「デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計」を読んでのまとめ。
まずは第一部 1章:ウェブナビゲーション入門について。

ナビゲーションモデルのパターン

コンテンツ間のリンク

  • コンテンツ間の文脈は強化される
  • 情報の全体的なファインダビリティは低い

→はてなの内部リンク的なもの

リキッド・インフォメーションモデル

  • ハイパーテキストではなく「ハイパーワード」
  • 単語をクリックするとオプションメニューからナビゲーションを選択

→ブラウザの右クリックメニュー的なもの

フィルタモデル

  • フィルタリングやソートのコントローラーからコンテンツをコントロール
  • コンテンツの全体像がつかみにくい

→パラメーターをいじるようなナビゲーション

構造型ブラウズモデル

  • ディレクトリ構造を持ったナビゲーション

→以前のYahoo!など

検索モデル

  • 探しているものが明らかな場合に便利
  • →Googleなど

実際のサイトは複数のナビゲーションを組み合わせている

ディレクトリのナビゲーションモデルを持ったサイトは、検索型よりもブラウジングを続ける割合が多かった。

カテゴリからブラウズしたユーザーは目的のコンテンツが見つかっても62%が引き続きブラウジングを続けた。
検索のナビゲーションの場合、ブラウジングを続けたユーザーは20%。
参照した目的のコンテンツ以外のページ数について、ディレクトリ型のユーザーは検索ナビゲーションのユーザーに比べてほぼ10倍に達した。

ナビゲーションを設計する際には

  • 何故そのサイトを作っているか
  • 誰が利用するのか
  • どんな情報にアクセスできるようにするのか

をよく考える必要がある。

デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
James Kalbach
オライリージャパン
売り上げランキング: 40233

DeNA南場社長「夫の病気にも圧勝したいと思っている。」

あまりにかっこいいので、忘れないようにメモっておく。

「いい質問だね。私よく言うんだけどさ、例えば目の前に濁流があって、川の向こうに肥沃な土地がありますと。そこへ行くべきとか、渡り方はこうするべきとか助言するのが参謀やコンサルタント。一番最初に濁流に足を突っ込むのがトップ。そうするとね、水だと思ったら熱湯だったとか、下に剣山があったりとか、何でこんなことが起きるんだということが起きるんだよね」

「その時に、どういう背中を見せるかということなんだけど、ホントは社長であっても迷いやおびえでいっぱいなんだよね。だって同じ人間じゃないですか。社長も普通の人。でも、それを出さないで、びくともしないふりをしながら渡りきる。あたかも何事もないかのように、大丈夫だよっていう背中をいかに作れるか。ってことなんだと、私は思いますね」

その経営者としての心得を最後まで見事に体現して見せた南場。彼女の目はすでに次の闘いに向いている。

「SNSでもモバゲーは圧勝したけど、やっぱり同じように夫の病気にも圧勝したいと思っている。次のバトルはこの病気。完全にやっつける。こちらでも絶対に、圧勝してみせる。という気持ちでいます」

引用元: 「夫の病気にも圧勝する」 DeNA南場社長、退任への思い  :日本経済新聞.

スティーブ・ジョブズが言う「つまらないものは捨てろ」の意味

「“集中する”というのは、集中すべきものに『イエス』と言うことだと誰もが思っている。だが本当はまったく違う。それは、それ以外のたくさんの優れたアイデアに『ノー』と言うことだ。選択は慎重にしなければならない。私は、自分がやってきたことと同じぐらい、やらなかったことに誇りを持っている。イノベーションというのは、1000の可能性に『ノー』ということだ」

引用元: ジョブズ氏が言う「つまらないものは捨てろ」の意味  :日本経済新聞.

Processingでカメラからの映像を編集してみた。

最近プログラムができるようになりたい!と思っていまして。
Pythonを勉強しつつ、奥さんに自慢できないとつまらんなってことでProcessingもいじりはじめました。
で、本に書いてあるやつを試してみたのがこれ。

何をやっているかというと、PCのカメラで読み込んだ映像からピクセル単位で色、彩度、輝度を取り出して、それらの数値から円の図形に変換するやつ。
本をまんま写しただけだけど、何かを作った気になれて、奥さんにも自慢できてやりがいがある。
しかも内容はこれだけ。


import processing.video.*;

Capture Camera;
void setup(){
  size(800, 500);
  colorMode(HSB, 256); 
  noFill();
  strokeWeight(2);
  Camera = new Capture(this, width, height, 12);
}

void draw() {
  background(0);
  Camera.loadPixels();
  for(int y=0 ; y < height ; y+=10) {
    for(int x=0 ; x < width ; x+=10) {
      int pos = (y * width) + x;
      color c = Camera.pixels[pos];
      float h = hue(c);
      float s = saturation(c);
      float b = 20 * brightness(c) / 256;
      stroke(h, s, 256);
      ellipse(x, y, b, b);
    }
  }
}

void captureEvent(Capture camera) {
  camera.read();
}

これのMac用アプリ
Windowsではカメラ周りは色々やらないといけないらしく、自分の環境ではできなかったから公開できず断念。

MITの新しいVIもレディヘのPVも(再生後ぐりんぐりんできます)Processingが使われているとか。

フライトパターンをシミュレートしたやつが有名らしい。

きれいだなぁ。

ちなみに勉強している本はこれです。

Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門
田中 孝太郎 前川 峻志
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 12137

関連するエントリーのリンクを見てみたら、実は2009年にもすでに本を買ってちょいちょいやっていたっていうね・・・。
今度こそ!

Firefoxをインストールしたら入れておくアドオン・スクリプト18個

学生の時からもうかれこれ6年間、firefoxを使ってきて色々入れてみたけど、最終的に行き着いたアドオンをまとめておきます!
最近はchromeしか使ってないからSNS系がないけども。

■ユーティリティ系のアドオン

1.All-in-One Sidebar
ブックマーク、アドオン、ダウンロードとかをサイドバーで開けるようにしてくれるやつ。
2.FireGestures
firefoxのジェスチャ。「右クリック押した後に左クリックで左のタブへ移動」とかが便利。
3.Launch Clipboard
コピったURLをfirefoxのタブで一度に開けるやつ。Excelでサイト管理→firefoxで開いてチェックの流れがマジで便利。
4.Tab Mix Plus
これがなければfirefoxを使う価値が半減する!ってくらい重要。「タブを多段表示」や「タブをダブルクリックでそのタブを複製」とかタブ周りの設定をカスタマイズできる。「タブの余白をダブルクリックで開いている全てのタブを閉じる」が本当に便利。
5.User Agent Switcher
別途ユーザーエージェントファイルを読み込ませる必要があるけど、これを入れればモバイルのUAや検索エンジンのUAに偽装できて、モバイルサイトのチェックやクローキングのチェックができるようになる(それらがIPベースでやられていると無理だけど)。ちなみにユーザーエージェントファイルはこちらから落とせる
6.Xmarks Sync
chrome同様に。異なるブラウザでブックマーク、パスワードを同期させる拡張。
7.ソース表示タブ
開いているサイトのソースを表示するとき、デフォルトだと別窓で開くけど、これを入れておくとタブで開けるようになる。

■サイト制作系のアドオン

8.Firebug
これもchrome同様に。個人的には「要素の調査」をよく使う。
9.MeasureIt
これもchrome同様に。ブラウジング画面でピクセル数を計れるやつ。サイトの修正をするときにあると便利。

■Greasemonkeyのスクリプト

10.AutoPagerize
ページネーションを同一ページで読み込むやつ。
11.Google display number
Googleの検索結果に順位を表示させるやつ。このサイトにあるやつをちょっと修正したやつ。
12.Yahoo! display number
Yahoo!の検索結果に順位を表示させるやつ。これもこのサイトにあるやつをちょっと修正したやつ。
13.Google Reader Auto Read Ads
Google Readerのフィードから広告を除外するやつ。
14.Google Reader Full Feed Mod
Google Readerの部分配信のフィードを全文配信の形で表示させるやつ。全文配信にさせるボタンが表示される。
15.Google Reader Prefetch More
Google Readerのフィードの読み込み量をデフォルトの部分的な読み込みから大量に読み込むようにしてくれるやつ。フェードがたくさん溜まると、デフォだとスクロールするたびに読み込むから、溜まる人はこれを入れておくと便利。
16.GoogleReader-plus-hatena
Google Readerのフィードにはてブが付いている場合、その数を表示させてくれるやつ。フィードが溜まっているとき、はてブ数を基準に開くフィードを判断してスピードアップ!
17.Google Reader – Colorful List View
Google Readerのフィードをサイトごとに色づけするやつ。

■検索エンジン系のアドオン

18.The SEO Toolbar
SEO系のアドオンはたくさんあるけど、これは一つだけで「ページランク」「Yahoo!.comでのバックリンク数(ページ、ドメイン)」「Open Site Explorerでのバックリンク数(ページ、ドメイン)」「開いているサイトのIP」「開いているサイトのWebArchive.orgのインデックス開始時期」等々がわかるやつ。とりあえずこれさえ入れておけばいんじゃね的なやつ。適当なアカウント作って落とすまでがめんどくさいけども。

あとはFox Splitter (旧称:Split Browser / 分割ブラウザ)がfirefox4に対応してくれるといいなぁ。

やっぱまとめるのって結構めんどくさいね。

データマイニングとデータビジュアライゼーション

データマイニングからのビジュアライズ。
できるようになりたい。

最終的にはやっぱ手段としてのプログラミングスキルなんだよな〜。

ハンス・ロスリング:10年の良いニュース?

ハンス・ロスリングは、(ほとんど報告されることのなかった)驚くべき重大な価値あるニュースに光を当て、すばらしい統計グラフによって国連の10年間のデータを再構成します。彼は、その過程において、統計値に対するひとつの欠陥を指摘します。

デビッド・マキャンドレス 「データビジュアライゼーションの美」

デビッド・マキャンドレスは複雑なデータセットを美しいシンプルなダイアグラムへと変え、隠れたパターンや関連を引き出します。良いデザインは過剰な情報の海を渡る最良の方法であり、私たちの世界の見方をも変えられるのだと彼は言います。