共感覚について ダニエル・タメット:異なる認識の仕方

考え事をしているときや、一人で頭の中で議論をしているときに、トピックや考えが絵になる。

ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です